ゆめかわ症候群

ゲームの感想とかプリパラ(アニメ)のデータとか纏めます

超次元大戦ネプテューヌVSセガハードガールズ 感想

一年の最後に一気にゲームの感想を書くと細かいところを忘れがちなので、プレイしたゲームについてはちょこちょこ感想を書いておこうと思う。
・プレイ状況
クリアまで20数時間。2週目開始時点。

 以下タイトル名をネプセガに省略。
ネプテューヌシリーズの発売順序的にはV2→ブラゾン→ネプセガ→四女神といった感じ。

ちなみに今作は本筋同様のRPGである。

まずは良い点から評価する。

<評価点>
・アイエフの新衣装、爆炎覚醒
(爆炎覚醒について設定の掘り下げは)ないです

・壁上り、ロープ渡り、匍匐前進などの新モーション
いいぞ、もっとやれ

・キャラが可愛い
いつもの

・トロコンしやすい
Wiki見た感じ割と楽そう

以上だ!

 

 

 

続いてイカれた不満点を紹介するぜ!

・その1 シナリオが面白くない
ネプテューヌシリーズのシナリオが面白いかといわれれば怪しいけど、シリーズの中でも群を抜いてつまらない。

以下ネタバレにつき反転
単純にタイムリープものとしては陳腐。中盤までは歴史を観測するために過去に行ってただ帰ってくる。終盤で過去を変えても構わなくなり、歴史介入してくる。
といったものなのだが、わざわざ観測と歴史介入分けた必要あったか?
あとフリーシナリオで順不同で過去を観測できるのだが、ぶっちゃけ順番固定化してくれてても良かった。他の話と同時進行させると意味分からなくなる。
結局ラスボスに関してはほとんど掘り下げられていないし、目的も語られていない。
なんやねんこいつ。
メインキャラに関しても掘り下げが薄い。うずめに関してはほとんど個性出してない気がするし。

・その2 戦闘がだるい
戦闘システムはほぼネプリバ3仕様。
新システムとしてアクションゲージやフィーバーゲージがあるのだがこいつらが総じてクソ。
<アクションゲージ>
キャラが行動を起こすたびに増え、一定のラインを越えると次のキャラのターンに移行する。
初期位置から移動するだけでも増える(間違えて動いても、初期位置に戻るようなリセットコマンドはもちろんない)
攻撃した後に移動すると移動のたびに増える。つまり、アイテム使おうとして仲間のそばまで移動したらゲージが増えてアイテム使えなくなるとかも平気で起こる。

<フィーバーゲージ>
攻撃するごとに増え、100までたまるとずっと俺のターンになる。
フィーバーモードになるとゲージを25使用してエグゼドライブが打てる。
戦闘ごとに持ち越しが可能なので、後半のボスはだいたいゲージ満タンにしてから挑むことになる(そうしないと勝てない)
地味に溜まりにくいので上記の理由と合わせて後半はフルストレス。

後は箇条書きで適当に
・後半はやっぱりエグゼドライブゲー
相手も高火力なのでこうでもしないと勝てない。

・周回すると装備、スキル諸々が初期状態に戻る
そろそろ対応してくれ。

・ダンジョンのアクション要素が面倒
新モーションが増えたけど謎解きがあるわけでもないし面倒なだけと言えばそれまで

バックアタックが凶悪
序盤これだけで2,3回死んだ。敵が2ターン分行動するのでこっちに回ってくるころには半壊してる。

・よく分からない仕様書
序盤の命中率アップの仕様書とか毎回あるけど、いっそ最初から適用されてても良くないか?絶対シンボルアタックが貰えた後にバックアタックなしの仕様書が解禁されるのもよく分からない(プレイ順によるかも)

・レベルとは別にクラスが追加されたためレベルアップの恩恵が少ない
因みに今作は進行状況に合わせて敵も強くなるため、強い敵はずっと強かったりする。

・クラスのレベル上限解禁クエストが女神とセハガで難易度が違いすぎる
女神の方が圧倒的に面倒。

・野球ボールの入手状況の詳細が分からない
コンプするには総当たりか、全て覚えておく必要がある

・ダンジョン内のコインが見にくい
場所によっては色変えて欲しい

・戦闘時の攻撃範囲の変更
従来は武器ごとに範囲が決まっていたが、今作はキャラの周囲半径何マスといった感じ。このせいで魔法使いキャラで攻撃する場合も敵に近寄る必要があるという意味が分からないことに。

・武器モデルの使いまわし
○○+5といったようにステータスだけ変えた同装備を増やしてきやがった。

・コスチュームの少なさ
アイエフが主人公だけどコスチュームは初期装備のみ。なめとんのか。
他のキャラはだいたい使いまわしなので新規コスチュームなどない。

・操作キャラがアイエフとセガミのみ
新アクションが増えたため他キャラが操作できなくなった。

・みんつぶが周回すると復活する
少しは学習しろ

・イベントスキップ機能がない
(ry

 

 

マジでネプテューヌ玄人向けなので安易に手を出してはいけない(戒め
後半は本当にプレイがしんどかった